What's New

2017/12/25
丁寧でしっかりしたコーティング業者を更新致しました。
2017/12/25
専用のコーティング剤と保護の効果を更新致しました。
2017/12/25
どんなコーティングを施すかを知るを更新致しました。
2017/12/25
汚れやキズから床を守るを更新致しました。

フロアコーティングで床を完全に保護する

大切なわが家を少しでも長持ちさせるには、常日頃からこまめにお手入れをしていくのが肝心です。特に最近ではフローリングのお部屋が増えていますが、床材というものは思いのほか汚れや傷が付きやすく、定期的にお手入れをしていかないとすぐに床材が劣化をしてしまい汚れが落ちなくなってしまったり、床材に付いた傷が原因となって床材そのものがダメになってしまうこともあります。もちろん、フローリングの床を保護する手段として市販のワックスを塗布するという方法もあるにはあるのですが、市販のワックスの場合にはその効果が発揮できる期間というものは比較的短く、効果が落ちてしまう前に新たにワックスを塗り替える手間がかかってしまいます。そこでおすすめなのがフローリングの床材を特殊なコーティング剤で保護するフロアコーティングです。フロアコーディングでは目的に合わせて様々な効果のあるコーティング剤を使い分けることになります。たとえば、日当たりのいいお部屋のフローリングを保護するには太陽光に含まれている紫外線をカットするUVコーティング剤を用います。UVコーティングを用いることで紫外線をカットしておけば、床材が太陽光にさらされて色褪せてしまうことを避けられるからです。

フロアコーティングで床材を長持ちさせよう

お家の経年劣化というものは避けようがありませんが、定期的にメンテナンスをすることで劣化をしてしまうスピードを遅らせることはできます。たとえば、フローリングの床の場合、重量のあるものを落としてしまったときやイスやテーブルを移動させたときに床材が傷ついてしまいやすく、それを完全に予防するにはフローリングの床全体を覆うようにカーペットや絨毯などのクッション性の高いものを敷き詰める必要があります。ただし、床に全体を覆うようにカーペットや絨毯などを敷き詰めてしまった場合、せっかくのフローリングの床が持っているメリットを殺してしまうことになります。
そこでおすすめなのが専門業者によるフロアコーティングです。フローリングの床を保護する効果の高い薬剤を塗布するフロアコーティングならば、床全体をカーペットや絨毯などで覆い隠さずに床材を保護することができるからです。また、フローリングのお部屋が直射日光の良く当たる場所にあるようなときには、紫外線の影響を受けて床材が色あせてしまうケースが多いのですが、この問題に関してはUVコーティング剤を使用したフロアコーティングをすることで長期的に紫外線による床材への影響を防ぐことができます。また、UVコーティングだけではなくフロアコーティングで使用される薬剤にはさまざまな効能を持つものがあるので、興味のある方は専門業者に相談をしてみるようにしましょう。

Pick Up Contents

丁寧でしっかりしたコーティング業者

とても長い耐久性 マイホームの床を長く綺麗な状態で維持したいのは誰でも同じです。しかし床は傷つきやすく、年々劣化が進んでいきます。そこでマイホームの床を長く綺麗な状態で維持するのに最適なのがUVコーティングです。紫外線で硬化する特殊な樹脂を用いてフローリングを保護するこのUVコーティングは、そ…

More...

専用のコーティング剤と保護の効果

UVコーティング剤ならば施工期間を短縮できる 近年ではフローリングのお部屋に暮らしている人も増えていますが、フローリングの床は畳敷きのお部屋と比べてお掃除がしやすいというメリットがある半面で、素の状態のままだと飲み物をこぼした時に染みができてしまう、ちょっとした衝撃で傷がついてしまうといったデ…

More...

どんなコーティングを施すかを知る

フロアコーティングの種類を解説! 新築の家を購入した方はフロアコーティングを考えていると思います。特にこれから犬や猫などのペットを室内飼いしようとする方にとっては、ペットの爪痕の対策は早急に行わなければなりません。今回はそんな方におすすめのUVコーティングについて解説します。まず安全性が高いで…

More...

汚れやキズから床を守る

フロアコーティングで床を完全に保護する 大切なわが家を少しでも長持ちさせるには、常日頃からこまめにお手入れをしていくのが肝心です。特に最近ではフローリングのお部屋が増えていますが、床材というものは思いのほか汚れや傷が付きやすく、定期的にお手入れをしていかないとすぐに床材が劣化をしてしまい汚れが…

More...

トップへ戻る
rss
このエントリーをはてなブックマークに追加